紫外線対策

美肌のための紫外線対策

肌のたるみ予防にとても重要なのが紫外線対策。

 

紫外線は真皮のコラーゲンやエラスチンなどの繊維を破壊し、減少させます。
特に30代後半くらいからは肌の代謝が落ちてくるため回復力も衰えてきます。

 

紫外線のダメージは日々蓄積して少しずつ症状となって現れてくるため年齢がすすむほど紫外線対策を強化していくことが大切です。

 

日焼け止めはもちろん、日傘や帽子、手袋などを使って徹底した紫外線対策をしていきましょう。

日々の紫外線対策に取り入れたいこと

 

生活紫外線(UV-A)に注意する

紫外線A波は日常生活で浴びることの多い紫外線。
真皮まで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊することもあり、シワやたるみの原因になる。
窓ガラスを通すので室内にいても紫外線ケアは必要。
加齢とともに日焼け止めはSPF/PA値ともに高いものを選ぶことが重要。

 

外出時は徹底した紫外線ケアを

日焼け止めやメイクはもちろん、日傘や帽子、ストールや長袖を着るなど紫外線から肌を守ることを習慣にする。

 

日陰を歩く・曇でも紫外線対策は万全に

日陰の紫外線量は日向の約半分と言われています。
外出時は日陰を選んで歩くようにしましょう。また曇りの日でも紫外線量は晴れた日の80%と言われているため紫外線対策は万全に。

 

帰宅後は早めにメイクオフ

長時間メイクやUVケアをしていると皮脂や汚れなどが肌トラブルの原因に。
帰宅後はなるべく早めにメイクオフしましょう。

 

夜のスキンケアはていねいに

外で過ごすことが多かった日や紫外線を浴びた日は美白化粧品を使って丁寧にスキンケアをしましょう。
美白化粧水を使ったローションパックもおすすめです。