毛穴のたるみ

肌のたるみ症状・・・毛穴のたるみ

 

たるみ毛穴の原因と症状

年齢とともになんとなく毛穴が縦長に広がってきた・・・なんてことはありませんか?

 

これこそが肌のたるみの初期症状、たるみ毛穴です。
この毛穴のたるみ症状によって肌のたるみを感じ始める人が多いようです。

 

加齢とともに真皮のコラーゲンやエラスチンの減少、変性で周りの皮膚が毛穴を支えきれなくなってしまうのです。

 

真皮の70%を占めると言われるコラーゲンは、もともと弾力のある線維ですが、加齢とともにその弾力を失っていきます。
20代の頃には弾力のあった繊維も30代になると徐々に弾力が衰えて行き、40代以降は新たにコラーゲンが産生されることがほとんどなくなるため、減る一方になります。

 

このように繊維が衰えてくる上に、外からの刺激や紫外線、ストレスなどが影響してたるみが進んでいきます。

 

細長く変形したたるみ毛穴がつながることで小じわやほうれい線につながることもあるので注意が必要です。

 

毛穴のたるみの改善方法

たるみ毛穴は進行しないように予防することがいちばん重要です。
これは肌のたるみすべてに共通することです。

 

以下のことを徹底しましょう。
どれも重要ですが、たるみ毛穴の予防・改善に重要なポイントを赤で表示しています。

●紫外線ケア・・・紫外線はハリや弾力のもとになる真皮のコラーゲンやエラスチンなどの繊維を壊し、減少させます。
日焼け止めはもちろんUVケアのアイテムを利用して徹底した紫外線ケアをするようにしましょう。

 

●日々の丁寧なスキンケア・・・毎日のスキンケアにはビタミンC誘導体やレチノールなどの保湿成分が配合されたものを使い、エイジングケア美容液などを取り入れるようにしましょう。

 

●コラーゲン生成をサポートする食生活・・・たんぱく質、ビタミンCが豊富に含まれた肉、魚、野菜、大豆製品などをバランスよく摂るようにしましょう。

 

●表情筋を鍛える・・・いつも無表情でいると顔の筋肉は衰え、たるみの原因になります。頬の胸骨筋を意識した口角アップ筋トレをしましょう。

 

●禁煙・生活習慣の見直し・・・喫煙は血行不良を起こしやすく代謝を悪くするため肌の弾力低下を増長してたるみ毛穴の原因になります。