頬のたるみ

肌のたるみ症状・・頬のたるみ

頬のたるみの原因と症状

頬のたるみはブルドックフェイスとも言われ全体的に顔が下がって顔が大きくなったような印象になります。

 

これは加齢による真皮のコラーゲンやエラスチンの衰えと減少、表情筋の衰えによって蓄積した脂肪を支えられなくなるために出てくる症状です。
特に無表情でいることが多い人は表情筋を使わないので筋力が衰えてたるみが出やすくなります。

 

また睡眠不足や疲れ、喫煙などでも筋力が衰えてたるみの原因になります。

 

頬のたるみの改善方法

以下のことを徹底しましょう。
どれも重要ですが、頬のたるみの予防・改善に重要なポイントを赤で表示しています。

●紫外線ケア・・・紫外線はハリや弾力のもとになる真皮のコラーゲンやエラスチンなどの繊維を壊し、減少させます。
日焼け止めはもちろんUVケアのアイテムを利用して徹底した紫外線ケアをするようにしましょう。

 

●日々の丁寧なスキンケア・・・毎日のスキンケアにはビタミンC誘導体やレチノールなどの保湿成分が配合されたものを使い、エイジングケア美容液などを取り入れるようにしましょう。

 

●コラーゲン生成をサポートする食生活・・・たんぱく質、ビタミンCが豊富に含まれた肉、魚、野菜、大豆製品などをバランスよく摂るようにしましょう。

 

●表情筋を鍛える・・・いつも無表情でいると顔の筋肉は衰え、たるみの原因になります。頬の胸骨筋を意識した口角アップ筋トレをしましょう。

 

●ストレスをためない・・・十分な睡眠、入浴などで心身の疲れを癒し、リフレッシュタイムをつくりましょう。

 

●角質ケアを行う・・・ピーリングやスクラブ洗顔などで角質ケアを行いターンオーバーを整える。